答えは君だから(ONLY U) /VIXX
    2013 / 11 / 24 ( Sun )
    てだぶん のにっか
    대답은 너니까 (ONLY U) /빅스(VIXX) 2013.11.08
    答えは君だから

    作詞 김지향 , 라비(Ravi) 作曲 황세준 , 신사동 호랭이 , 4번타자
    編曲 신사동 호랭이, 4번타자



    あんっすろうぉんぬんじ ちんはん ちんぐ のみ そげるる しきょじょっそ
    안쓰러웠는지 친한 친구 놈이 소개를 시켜줬어
    可哀想だったからか 親友が紹介してくれた

    のぼだ ど ちょうん よじゃる まんな くまん の いじゅらご
    너보다 더 좋은 여잘 만나 그만 널 잊으라고
    君よりもっといい女に出逢って もう君を忘れろと

    ちょでぃんさんうん くぇんちゃなっそ みょはげ うぇんじ のわ じょん
    첫인상은 괜찮았어 묘하게 왠지 너와 좀
    第一印象は良かった 妙になぜか君と少し

    だるまっそ くろな おぬせ なん じょんじょん くにょが
    닮았어 그러다 어느새 난 점점 그녀가
    似ていた だけどいつの間にか僕はだんだん彼女が

    わんじょに のろ ぼいね
    완전히 너로 보이네
    完全に君に見える

    っと むぉら むぉら はぬん ごんじ くぃえ っこちじ あな
    또 뭐라 뭐라 하는 건지 귀에 꽂히지 않아
    何を話してるのか 耳に入らない

    ね まむん の はなっぷにんごる
    내 맘은 너 하나뿐인걸
    僕の心は君一人だけなんだ

    なん じゅじょるじゅじょらはぬん まり のわ いっとん いぇぎっぷん
    난 주절주절하는 말이 너와 있던 얘기뿐
    僕はだらだら話す言葉が 君といた話ばかり

    など もるげ のまん まらじゃな
    나도 모르게 너만 말하잖아
    僕も知らずに君のことばかり話すんだ

    ね まるっくんまだ べおいんぬん の Yeah
    *내 말끝마다 배어있는 너 Yeah
    僕の言葉尻ごとに染み込んでいる君 Yeah

    ね まるっくんまだ っそだじぬん の Yeah
    내 말끝마다 쏟아지는 너 Yeah
    僕の言葉尻ごとに降り注ぐ君 Yeah

    ねが ちょあはぬん ごっ ふなん いるさん がとぅん ごる
    내가 좋아하는 것 흔한 일상 같은 걸
    僕が好きなもの ありふれた日常のようなこと

    くろん っぽなん ちるむんまじょ ねげん ちゃん なんがめ
    그런 뻔한 질문마저 내겐 참 난감해
    そんなありふれた質問さえ 僕はとても困る

    く てだぶん のいにっか
    그 대답은 너이니까
    その答えは君だから

    ね てだぶん のいにっか
    내 대답은 너이니까
    僕の答えは君だから

    なん のまん っとおるにっか
    난 너만 떠오르니까
    僕は君だけを思い出すから

    くにょが うするすろっ なん じゃっく するぽじりょ へ
    그녀가 웃을수록 난 자꾸 슬퍼지려 해
    彼女が笑うほど 僕はどんどん悲しくなる

    しがに かるすろっ なん じぇいに でがぬん どぅて
    시간이 갈수록 난 죄인이 돼가는 듯해
    時間が経つほど 僕は罪人になっていくようだ

    な おぬるど うぇんじ いろだが きょるぐっ ほんじゃでぬん ぶんうぃぎ
    나 오늘도 왠지 이러다가 결국 혼자되는 분위기
    僕は今日もなぜか このままじゃ結局一人になる雰囲気

    てふぁるる はるすろっ ちょんじょん ど うぇろうぉ っと ちゃじゃおん ね うぃぎ
    대화를 할수록 점점 더 외로워 또 찾아온 내 위기
    会話をするほど だんだん寂しくなる また訪れる僕の危機

    っと むぉら むぉら はぬん ごんじ くぃえ っこちじ あな
    또 뭐라 뭐라 하는 건지 귀에 꽂히지 않아
    何を話してるのか 耳に入らない

    なん とぬん はる まるど おんぬんで
    난 더는 할 말도 없는데
    僕はこれ以上話す言葉もないのに

    ねが なっぷん のみや ね あぺ くにょ のむ だじょんはんで
    내가 나쁜 놈이야 내 앞에 그녀 너무 다정한데
    僕が悪い男だ 僕の前の彼女はとても優しいのに

    にが うぇ なん じゃっく せんがんな Oh
    네가 왜 난 자꾸 생각나 Oh
    君がどうして 僕は何度も思い出す Oh

    ね まるっくんまだ べおいんぬん の Yeah
    *내 말끝마다 배어있는 너 Yeah
    僕の言葉尻ごとに染み込んでいる君 Yeah

    ね まるっくんまだ っそだじぬん の Yeah
    내 말끝마다 쏟아지는 너 Yeah
    僕の言葉尻ごとに降り注ぐ君 Yeah

    ねが ちょあはぬん ごっ ふなん いるさん がとぅん ごる
    내가 좋아하는 것 흔한 일상 같은 걸
    僕が好きなもの ありふれた日常のようなこと

    くろん っぽなん ちるむんまじょ ねげん ちゃん なんがめ
    그런 뻔한 질문마저 내겐 참 난감해
    そんなありふれた質問さえ 僕はとても困る

    く てだぶん のいにっか
    그 대답은 너이니까
    その答えは君だから

    たるこまん めろでぃ く そげ べおいんぬん どぅたん のえ
    달콤한 멜로디 그 속에 배어있는 듯한 너의
    甘いメロディー その中に染み込んでるような君の

    もっそりが ふぁんちょんいん じゅる あるみょんそど くぃるる きうりんだ
    목소리가 환청인 줄 알면서도 귀를 기울인다
    声が幻聴だと分かっていても耳を傾ける

    くれ まじゃ いごん おりそぐん まんさん
    그래 맞아 이건 어리석은 망상
    ああそうだ これは愚かな妄想

    はじまん い のれるる とんへそ のるる まんなる すまん
    하지만 이 노래를 통해서 너를 만날 수만
    だけど この歌を通して 君に会えるのなら

    いったみょん くぃが っちじょじょど じょあ にが どぅりんだみょん
    있다면 귀가 찢어져도 좋아 네가 들린다면
    耳が裂けてもいい 君が聞こえるなら

    とぅ ぬんぐぁ こ いっ ったすはん すんぎょるる ぬっきる す いったみょん
    두 눈과 코 입 따스한 숨결을 느낄 수 있다면
    両目と 鼻 口 温かい息遣いを感じられるなら

    ね まるっくんまだ ばんぼってぬん の Yeah
    내 말끝마다 반복되는 너 Yeah
    僕の言葉尻ごとに繰り返される君 Yeah

    ね でぃっくっ いんぬん さらん いぇぎん の Yeah
    내 뒤끝 있는 사랑 얘긴 너 Yeah
    僕の背景のある愛の話は 君 Yeah

    ねが さらんはぬん ごっ ねが ちぇる あっきぬん ごっ
    내가 사랑하는 것 내가 젤 아끼는 것
    僕が愛するもの 僕が一番大切にしてるもの

    ちぇばる むろぼじ まらじょっすみょん はぬんで
    제발 물어보지 말아줬으면 하는데
    どうか聞かないでくれるといいんだけど

    ね てだぶん のいにっか
    내 대답은 너이니까
    僕の答えは君だから

    ね てだぶん のいにっか
    내 대답은 너이니까
    僕の答えは君だから

    なん のまん さらんはにっか
    난 너만 사랑하니까
    僕は君だけを愛してるから



    VIXX プロフィール 




    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    21 : 04 : 00 | VIXX | コメント(0) | page top↑
    女はどうして(Girls, why?) (Feat. 屋上月光)/ VIXX
    2013 / 10 / 11 ( Fri )
    よじゃぬん うぇ
    여자는 왜(Girls, why?) (Feat. 옥상달빛)/빅스(VIXX) 「Y.BIRD With VIXX & OKDAL」2013.10.11
    女はどうして

    作詞 김윤주,라비(Ravi) 作曲 김윤주 編曲 멜로디자인



    ちょなるる っくぬる って まろぷし ふるぬん
    전화를 끊을 때 말없이 흐르는
    電話を切る時 無言で流れる

    ちゃらえ しがねど
    찰나의 시간에도
    刹那の時間にも

    きるる ごったがど よんふぁるる ぼだがど
    길을 걷다가도 영화를 보다가도
    道を歩いてて 映画を観てても

    すっくぁんちょろん むろぼぬん ごに あにん なる もん みどそに
    습관처럼 물어보는 거니 아님 날 못 믿어 서니
    習慣のように尋ねるの?じゃなきゃ僕を信じられないからなの?

    のえげ ねが ったっ かんがじ うぉなぬん ごる もるげんに
    너에게 내가 딱 한가지 원하는 걸 모르겠니
    あなたに私がたった一つ望んでること分からないの?

    うぇ なん まるはじ あなど ある こら せんがけっするっか
    왜 난 말하지 않아도 알 거라 생각했을까
    どうして僕は言わなくても分かると思ったのだろうか

    うぇ なん じゃっく くぃちゃんたごまん せんがけっするっか
    왜 난 자꾸 귀찮다고만 생각했을까
    どうして僕は何度も煩わしいとばかり思っていたのだろうか

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    *고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    ぬる もんじょ はじ もってっとん まる いじぇや まらね
    늘 먼저 하지 못 했던 말 이제야 말하네
    いつも先に言えなかった言葉 やっと言うよ

    う さらんへ
    우- 사랑해 (x4)
    愛してる

    よじゃぬん うぇ
    여자는 왜
    女はどうして

    らご まるはぎ じょね うそん ねが みあんへ
    라고 말하기 전에 우선 내가 미안해
    と言う前に  まず僕がごめん

    なんじゃぬん うぇ あに
    남자는 왜 아니
    男はどうして いや

    なぬん うぇ なみょんはん ちゃじょんしめ ばんそんへ
    나는 왜 남용한 자존심에 반성해
    僕はどうして濫用したプライドに反省するのか

    ちんっちゃ なんじゃだうみ むぉんじ もるな ば
    진짜 남자다움이 뭔지 모르나 봐
    本当の男らしさが何か分からないようだ

    おるにんちょけっちまん あいんがば
    어른인척했지만 아인 가봐
    大人なふりしたけど 子どもみたいだ

    なん あにんが ばらぬん せんがっ stop
    난 아닌가 봐라는 생각 stop
    僕は違うようだという考えは stop

    てのっこ ぴひょなるけ さらんへ
    대놓고 표현할게 사랑해
    率直に表現するよ 愛してる

    ちょうん ぼだ なる さらんはんだん まり まにど ちょごじょっそ
    처음 보다 날 사랑한단 말이 많이도 적어졌어
    最初の頃より私を愛してるという言葉がとても少なくなった

    ぴょなんげ あにゃ っこっ いぇぎれや
    변한 게 아냐 꼭 얘길 해야
    変わったんじゃないという話をしたら

    に まうみ ぴょなげんに
    니 마음이 편하겠니
    君の心は楽になるの?

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    *고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    ぬる もんじょ はじ もってっとん まる いじぇや まらね
    늘 먼저 하지 못 했던 말 이제야 말하네
    いつも先に言えなかった言葉 やっと言うよ

    ちゃじょんしん ってむね
    자존심 때문에
    プライドのせいで

    ちゃじょんしん ってむね
    자존심 때문에
    プライドのせいで

    うぇ なん まらじ あなど ある こら せんがせっするっか
    왜 넌 말하지 않아도 알 거라 생각했을까
    どうしてあなたは言わなくても分かると思ったのかな

    うぇ なん じゃっく くぃちゃんたごまん せんがっけっするっか
    왜 넌 자꾸 귀찮다고만 생각했을까
    どうしてあなたは何度も煩わしいとばかり思っていたのかな

    のん せんがけっするっか
    넌 생각했을까
    君は思ったのだろうか

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    *고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    こじゃっ いろん ちゃじょんしん ってむね
    고작 이런 자존심 때문에
    たかがこんなプライドのせいで

    ぬる もんじょ はじ もってっとん まる いじぇや まらね
    늘 먼저 하지 못 했던 말 이제야 말하네
    いつも先に言えなかった言葉 やっと言うよ

    う さらんへ
    우- 사랑해 (x4)
    愛してる




    VIXX プロフィール 


    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    21 : 31 : 45 | VIXX | コメント(0) | page top↑
    前ページ | ホーム | 次ページ