FC2ブログ
    祝! 10000000ヒット♪
    2009 / 12 / 14 ( Mon )
    このブログに遊びに来てくださってる皆さんへ


    とうとうこんな日が来てしまいました^^


    1000万ヒット。 


    ありがとうございます。


    私にとって とてつもない数字です


    このブログを始めたのが2007年4月


    今まで訳した曲は  1200曲くらい。


    翻訳にかかる1曲当たりの時間 平均40分くらい 


    1200×40 48000分=800時間??


    たくさん勉強してますね^^


    もっと韓国語上手になってなきゃおかしい・・?(笑)




    このブログのおかげで 韓国語の勉強も飽きることなく毎日楽しく続けることができました。


    素敵な音楽にもたくさん出会えて 素敵な人にもたくさん出会えました^^



    皆さんが 訳してくれてありがとうって言ってくださるのが うれしかったです

    たくさんの温かいコメント 拍手  励みになってます^^


    いつも簡単なお返事ばかりですみません。。 
    ひとつひとつ 大切に読ませていただいてます♪



    次は 2000万ヒット目指せるかな。



    やれるとこまでやってみます^^
    限界に挑戦♪



    これからも素敵な音楽と歌詞の世界 紹介していきたいです^^
    そして素敵な歌 教えてくださいね^^

    もっと上手に訳せるように日々努力していきます♪



    これからもよろしくお願いします^^



    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    23 : 57 : 43 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(32) | page top↑
    singles9月号 SS501キム・ヒョンジュン インタビュー記事
    2008 / 09 / 10 ( Wed )
    雑誌 singles9月号  SS501キム・ヒョンジュン インタビュー記事

    ヒョンジュン 私達結婚しようか

    kimhyunjoo-_--09_01_01.jpg


    年下の男は男として見えないと言った30代初めのK氏がこのように話した。“テレビ番組<私たち結婚しました(以下ウリキョロ>)”のキム・ヒョンジュンを見て考えが変わった。可愛いとだけしか思ってなかった토이남 (toy boy?)が完全な男に見えたと。”キム・ヒョンジュンに気になることはないかと聞くと、ある人はこう話した“ええ、気になることはなくて、ただ一度抱いてみれればいいな”なので 聞こえてくる唾をごくっとする声。

    男たちは<ウリキョロ>が女達を台無しにしてしまったと糾弾する。アンディみたいに料理が上手な夫、アレックスみたいなイベント専門家はただ女達の幻想の中に存在するだけだ。子供新郎キム・ヒョンジュンならさらにだ。顔からしてとても非現実的だからだ

    息を吹き込んで,しばらく人間世界に回生したギリシャ彫刻像のように秀麗な耳目口鼻,人を大声で笑わせる四次元ユーモア,無関心そうに見えながらも,情深い男は少女漫画やクィ・ヨニのインターネット小説(オオカミの誘惑ですね^^)の中にでも出てきそうなキャラクターだ。

    <ウリキョロ>は‘짜고 치는 고스톱(組んでやるゴーストップ(花札(←やらせのことでしょうか?)))’という誤解を完全には洗い落とすことはできない韓国のリアリティープログラムの限界を避けた,いや克服したプログラムだ。 仮想結婚というあきれるコンセプトを(ここはアメリカでもないのだが…)出演陣の独特の個性とキャラクター,本当にリアルな自然な設定でない設定で視聴者たちの共感を引き出した。

    <ウリキョロ>で最もおもしろいカップルは断然キム・ヒョンジュンとファンボ カップルだ。 ファン夫人のために蚊を一匹一捕まえる度に夫人を守ったと思う子供新郎. 艶がなくふるまうファン夫人にこっそりとクジをする時出てくるおもちゃの筒にカードをたたんで入れ,砂の中に隠した可愛いキム・ヒョンジュンを見ながら,子供新郎を包みたい欲望に苦しめられた。 ファン夫人がプハハと声を出して幸せに笑う時は“本当に,心よりキム・ヒョンジュンを愛すしてるのではないだろうか?”と思って,わけもなく妬むほど。

    キム・ヒョンジュンは年下の男だからと相手にしなかった女にさえ、年下に対するロマンを植えつけてくれた。 少女ファン,あるいはヌナファンたちの幻想の中のそのまま過大包装されたスターでなく,艶がないが人間的で変わってる姿はSS 501のメンバーが何人なのかも分からないアイドル専門外の人たちの心まで開かせた。

    もちろんキム・ヒョンジュンがカメラの前で見せられない姿も明確にある。 1ヶ月の半分を日本を行き来して,朝から真夜中まで休む間なしでフル稼動するアイドルバンドのリーダー. 幼い時から夢見た歌手になり,ファンたちのあふれる愛で幸せだが,短い笑いをおさめた後に必ず閉ざす唇と考えが交差する鋭敏な目つきはあたかもこのように話すように見えた。 “飴が甘いからといって、ずっと噛んでばかりはいられないでしょう?”

    kimhyunjoo-_--09_01_02.jpg

    お姉さんたちがつきあいたい年下の男,抱きたい年下の男,でずっと1位になっている。 どうしても<ウリキョロ>の影響が大きいようだがそのようなお姉様らの愛情攻勢がちょっと負担になる時はないか?そんな時はない。 <ウリキョロ>だからだけでなく近頃年下人気に勢いがある。 負担になることよりは私をかわいがってくれるから良い。

    初めて<ウリキョロ>出演提案が入ってきた時,悩んだようだ。 リアリティープログラムが間違えれば元にも戻せないのではないか。 本人のリアルな姿が加減なしで公開されるのが恐ろしかったと思うが….
    最初は敬遠した。 自信がなかったし。 <ウリキョロ>は台本が一つもない。 そのまま私とファンボさんとで作るシステムというか。

    カメラを意識したり不快ではないか?
    カメラは全く意識しない。 カメラがどこにあるのか探すのも大変だ。 言葉がなくても誰が何をいうとか、そういう人もいなくて,ただ気楽にやっている。

    <ウリキョロ>は事実、特異な設定だ。 最初は拒否感を感じる人も少なくなかったが,長く見れば中毒性がある。 <ウリキョロ>に出演する前と変わったことがあるなら?
    女に対する考えが変わった。 <ウリキョロ>のせいではなく、年を取りながら変わったのだろう。 20歳の時はただ美しくて優しい女,美しい女だけ見ていたとすれば,今は美しいことよりは自分に合う女が良い。 年上年下関係なく自分と性格がよく合う女が良い。

    <ウリキョロ>には色々なカップルがある。 女たちは結婚に対するロマンがある。 視聴者たちは番組を見ながら,自身が願う結婚の姿を入れ代えてみるが,男たちは<ウリキョロ>に対する拒否感が大きかったよ。 カップルごとにキャラクターが明らかだ。 そのうちに本人が好むスタイルがあるか?
    ソルビさんとアンディさんカップルは小さいことにも感動をやり取りする。 高いダイヤモンドの贈り物より一緒にいる時,幸せで笑っている方が良く見える。

    良く見えるが,本来そのように女をよく見せるスタイルではないのではないか….
    だけど知らず知らず繊細で几帳面だ。 友人らと遊びに行く時,液体シップのようなこと必ず持っていく性格だ。 他の人々には僕がうわついて見えるだろうが,ひやひやすることは見られない。

    23歳。 ヒョンジュン氏はこの頃若と者同じでないと時々考える。 慶尚道の男のように無愛想ながらも,情があって,またこの頃の子供たちのようにこざかしくない感じもする。
    幼い時から年の離れた兄たちと親しく過ごしたからであるようだ。 10歳差がある兄らと友人のように過ごした。

    どのように年の離れた兄たちと親しく過ごすことができたのか?
    17才の時高校を休学した後レストランでアルバイトをしながら兄たちと知り合いになった。

    兄たちが同年齢の友人らよりもっと気楽なのか?
    同年輩は同年輩のとおり気楽で,兄たちは兄たちのままに気楽だ。 幼いころから社会に出てきて,10歳年上の兄たちから良いことをたくさん習った。 必ずお金をたくさん儲ける人が金を出すこともなくて,また年上だから出すことでもなくて。

    芸能活動しながら親しい兄たちは誰か?
    芸能人の中で最も親しい人は東方神起の英雄在中(ヨンウン・ジェジュン).

    ライバル意識のようなものないか?
    そうしたのは全くない。 他の人々はライバルと見るが僕らは全くそんなことを感じてない。 一緒に焼酎飲んで,サウナも一緒に行って,おもしろい話もして…エイリアンの話もたびたびする。

    kimhyunjoo-_--09_01_03.jpg

    ハハ,エイリアンを信じるか?
    信じる。

    もし地球の人生をあきらめて外界に行くことができるというならば行くだろうか? 地球にまた戻ることができないといっても?
    もし愛する人がいなければ行く。 行ってエイリアンに会えればおもしろいだろう。

    冒険や新しいことに挑戦するのが好きか?
    好む。 私は恐れが殆どない。

    それでも怖いものがあるならば?
    蝉と蛾.

    ハハ,虫ということ?
    虫はみな嫌いだ。

    未来に対する恐れはないか?
    分からない。 今までは一歩一歩歩いてきたが今は後輩らもできて…この頃放送を見れば私より幼い後輩らが多い。 若くて8才違いの後輩もいる。 彼らを見るたびに、さらに熱心にしなければならないと思う。 新人でなく先輩として模範を見せるべきではないだろうか。 後輩らが上がってくればそれだけさらに上がらなくちゃ。 後輩らが一歩行く時,私が一歩行けば全く同じだから、彼らが一歩行く時,私は二歩行かなければならないと思う。

    本人の魅力を自らもよく知っているか?
    よく分からない。 女性によくしてあげることもできなくて,ファンたちに手を振ってあげることもない。 手を振ってくれるのは好きだが,自分はそれがとても照れくさい。 インタビューを通じてファンたちが僕の心を分かってくれたら良いだろう。 ファンたちがヒョンジュンはとても怖いといったりもするのに,事僕はそのまま照れくさくて,できないだけだ。

    恥ずかしがり屋であるようだ。
    手を振るのがきまり悪くて,本当にできない。

    じっとしている時,表情が暗く見える。 普段もそのように笑うことがないか。 幼い時はどうだったか? 内気だったか?
    よく笑えない。 幼い時は新しい人にほとんど会えなかった。 人見知りも激しくて。

    学生時代はどうだったか。 数学試験大会1等をとったそうだが….
    多方面で楽しんで勉強をした。 小学校時は明け方6時にアラーム合わせて起きて勉強した。

    勉強がおもしろかったということか? アハ,本当に信じられない。
    起きて勉強して,勉強して寝てそうした。 6学年の時まではおもしろかった。 そうするうちに中学校1学年の時音楽に出会った以後に勉強を捨てた。

    何かを好きになればそれにのめりこむスタイルか?
    そうだ。


    kimhyunjoo-_--09_01_04.jpg


    恋や人にのめりこんだことがあるか?
    以前にはそうだった,人や恋に。 だがこの頃は変わった。 恋にのめりこむなら仕事や他のすべてをちゃんとしているべきで,恋だけあれば出来るものでないようだ。 男たちはちょっとそうだ。

    誰かに心でも,時間でも何かを惜しみなく与えた記憶があるか。 自分の損を考えず。
    人にそうしたことはないようだ。 ただ音楽にのめりこんでいた。 音楽をずっとしたい。 良い音楽を作りたいという考えのために自らストレスたくさん受ける。

    人々がキム・ヒョンジュンに対して持っている誤解や偏見は何か。
    そうだな,人々が僕に対してどう思っているのかよく分からない。僕はそのまま楽しいのが良いと考える。
    ポジティブで単純、携帯電話も何度もなくし、お金もなくしたりするが、なくして1分たったらなくしたことも忘れる。くよくよしたってどうせ見つからないから。

    できないことに対してあきらめるのは早いか?
    できないことに対してあきらめるのは早いが、自分が好きなことに対してはしつこく執着し、ささいなことはあきらめるのも早い。

    学校に通っていた時、バンドをしていた。バンドの音楽に対する情熱が強く見えるが、アイドルバンドから始めたことが物足りないと思う時はないか?
    最初は僕がなぜアイドルになったか?そんなことをよく考えたが、助けてくれる人、愛するファンがだんだん増えてきたので、その人たちの期待を裏切らないようにしなくてはと思うようになった。今している音楽がこれからの何か、僕の音楽の発展につながると思っている。

    しかしアイドルは大変じゃないのか?スケジュールをこなすのも大変だし、ファンたちは一挙手一投足に関心を持ち負担になるときもあるだろう。ある日突然キム・ヒョンジュンの人生が変わったのでは?
    以前はただファンが増えればうれしいと思っていたけど、最近は僕が年をとって結婚して、ファンたちも結婚して子供を産んだら、子供を連れて一緒にコンサートに来てくれるような、そんな間柄になれればいい。

    10年後を想像したことがあるか?30歳を超えたらどんな男になっているか?
    ただ音楽を続けていて、結婚して一家の家長になっているのではないだろうか。

    今までのインタビューを見ると20代で結婚したいという話をよくしていたが、その理由は?早すぎるのでは?
    自分の子供にとって老けた父親になりたくない。あまり年の差があると子供が大きくなったらちゃんと遊んであげられないだろう。僕は子供と友達のような関係でいたい。

    30代でも子どもと友達のようになれます(笑)
    あ、でもあまり年とると気力がだめなので・・・ハハ。

    お金への欲は多いか?引退するまでの目標額があるか?
    22億ウォン。

    20億でもなく、なぜ22億なのか
    京畿道に土地を何坪か買って、家を建てて、地下に録音室を作って楽器をみんな手に入れて、畑(팃밭:畑の種類のようですがよく分かりませんでした)で農作業をして銀行に7~8億ウォン入れておいて、利子を受け取って暮らすんだ。

    kimhyunjoo-_--09_01_05.jpg

    あなたは特異だ。20代でそんなことは考えない。学校に通っていた時はどんな学生だったのか。変わっていたのでは。
    友人からは“あいつ変わってる”という話をよく聞いた。聞きたくない授業は受けなかった。先生に“先生から学ぶものはない”と言っていた。友人が僕を見て“怖いもの知らず”だと言っていた。今思うとあまりに幼稚だった。

    先生とはよくぶつかったでしょう
    道徳を学ぼうと思ったら申師任堂(李氏朝鮮中期の女流書画家)の本などこういうもので学べばいいだろう。必ず教科書から学ばなければならないのかとそう思っていた。

    “僕が知らなければならないすべては幼稚園で学んだ(※日本では”人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ“こういうタイトルになってますよね)”のように、キム・ヒョンジュンが人生に必要なものはどこで学んだか
    僕は他人より先に走って出て自分で悟った。

    他の人に比べて自身がとても速い速度で生きていると考えたことはないか?
    幼い時は同い年の友達より精神年齢が高かったけど、今の僕はあの時とは違って子供みたいに生きている。今は一人旅をしたくてもできないし、地下鉄に乗りたくても乗れない。僕が過去にしていたことを今友達はしていて、友達が今していることを今僕はできないからまた幼くなるみたいだ。馬鹿にはなりたくなくて今も飛行機のチケットやレンタカーを借りるのは自分でやる。

    韓国版“花より男子”のキャスティング話があったが どう進行されているか 類のキャラクターが自分と似ていると思うか?
    キャスティングはまだ確定していない。キャスティング話が入ってきて今回“花より男子”の漫画を読んだ。面白かった。類と僕は似ているようだ

    特にどの点が似ているのか?
    よく寝て、あまり笑わず、ただおおざっぱに生きているようで生きてない。

    ヒロインを好きだけど、表に出せない。本人もそんな性格か
    僕もそうだ。表現しなきゃいけないと思うがうまくできない性格だ。

    それだと息苦しいがどうやり過ごす?
    息苦しいが(もどかしいに近いかも)そういう時は他の事を考える

    最近は何にはまっているか
    作曲してる友人と作曲の作業をずっとしている

    好きな外国のミュージシャンは?
    ジェイソン・ムラーズ 本当に最高だ。

    人生においてや音楽的に真似たいお手本がいれば?
    音楽的にはソテジ先輩。人生の手本は両親。両親のように素朴で喧嘩もしないで元気に生きたい。


    kimhyunjoo-_--09_01_06.jpg


    無邪気さの後ろに鋭敏さが、ざらざらした中にはひそやかで情がこもった配慮が、突拍子のなさの中には幼い時から体得されたシニカルなところがある23歳。彼の純粋さは美しく、ただきれいでスウィートに裁断されたものではなく、また光を発する。長い喉の渇きの後に飲む清涼飲料水のように爽やかで、適度な緊張感の中で予測できない1発で人を武装解除させる妙な才能を持つ男。四次元の青年キム・ヒョンジュン。インタビューが終わったのは夜12時半。半分目が閉じた彼を引きとめられなかった。彼はギターの練習に行くと言う。最近彼は韓国で2日、残りは日本で過ごす。げっそりと落ち込んだ目に、明らかに疲れの見える顔で彼は何度も“大丈夫です”と言った。子供新郎を日本に送ったファン夫人の心情がどんなものなのか知ることが出来るようだった。
    ふと32才のキム・ヒョンジュンの姿が気になった。 彼が夢見るものより私たちが予測することよりキム・ヒョンジュンははるかに素敵な男になっていないだろうか ♥ 

    原文出処
     http://www.thesingle.co.kr/fashion/s_fashion_content.asp?channel=56&subChannel=60&idx=1696




    ご依頼をいただいて雑誌の記事を訳してみました。

    オレンジのところは私の一人言です。
    雑誌の記事の訳は先生のお手伝いをしたことがあったのですが、言い回しが難しかったです。
    ですます調にするのが面倒だったので、表現が荒いですがお許しを。。

     ※基本的に雑誌等の記事の和訳のリクエストはお受けしてません。。案外大変なので。。
     K-POP関連記事に限り、オンラインで文章をコピーできる場合は お手伝いできるかもしれません。
     ご相談くださいね。(紙媒体は不可能です。。自動翻訳できる場合のみ)


    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    23 : 50 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(29) | page top↑
    前ページ | ホーム | 次ページ