FC2ブログ
    Beautiful Thing/シア・ジュンス(東方神起)
    2008 / 01 / 14 ( Mon )
    Beautiful Thing/シア・ジュンス(東方神起)   「Vacation (Single)」2006.07.28




    It's feel like
    beautiful thing

    たれ くりんじゃ あれ そん な
    달의 그림자 아래 선 나
    月の影の下に 立った僕

    くぃっかえ めんどぬん ぱらん
    귓가에 맴도는 바람
    耳で くるくる回る 風

    なるる おでぃろ てりょかるっか
    나를 어디로 데려갈까
    僕を どこへ 連れて行くのか

    はやっけ ぱむる ゆよんはどぅっ
    하얗게 밤을 유영하듯
    白く 夜を遊泳するように

    くるむる こんぬん よんほん
    구름을 걷는 영혼
    雲を歩く魂

    せびょぎ ちゃじゃおるってっかじ
    새벽이 찾아올 때까지
    夜明けが訪れるまで

    ぱみ ちゃんどぅるってっかじ
    밤이 잠들 때까지
    夜が眠るまで

    Time of love  お なえ さるめ
    Time of love 오 나의 삶에
    Time of love  僕の人生に

    ほらってん なるん おんじぇいるっか
    허락된 날은 언제일까
    許される日は いつだろうか

    い せさん く おっとん ごっと
    이 세상 그 어떤 것도
    この世界 そのどんなものも

    あるんだっち あんぬん こんおぷそ
    아름답지 않은 건없어
    美しくないものは ない

    さるむん もどぅんごる あらがぎえぬん
    삶은 모든걸 알아가기에는
    人生は 全てを 知っていくには

    のむ っちゃるぶん よへんぎんごる
    너무 짧은 여행인걸
    とても 短い 旅行のよう

    けじょるん っと おげっちまん
    계절은 또 오겠지만
    季節は また巡るだろうけど

    しがね かんど ふろ
    시간의 강도 흘러
    時間の川も 流れ

    ふぃみはん せさん びちゅん
    희미한 세상 빛은
    微かな 世界の光は

    きおんまん なんげ でご
    기억만 남게 되고
    記憶ばかりを 残し

    はるるる なん かんさはみょ
    하루를 난 감사하며
    1日に感謝しながら

    ちゃぐん きどえ そんぬる もあ
    작은 기도의 손을 모아
    小さな祈りの手を合わせる

    こじせ かりょじん もどぅん ごする
    거짓에 가려진 모든 것을
    嘘に隠された すべてのものを

    さらんはげ はそそ
    사랑하게 하소서
    愛するように してください








    東方神起  プロフィール
    関連記事

    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    00 : 00 : 00 | 東方神起 | トラックバック(0) | コメント(13) | page top↑
    <<いいじゃない/Wonder Girls | ホーム | 胸が悲しい/Tei  ドラマ「悪い愛」OST>>
    コメント
    --kozueさん アンニョン!--

    カリスマジュンス!
    かっこいいなぁ~
    ジュンスの歌は本当に聞き惚れてしまいます。
    神秘的な歌詞ですね~
    カムサハムニダ~^^
    by: sadayan * 2008/01/14 02:29 * URL [ 編集] | page top↑
    --はじめまして!--

    kozueさん、はじめましてv-116

    いつも娘と2人で見せてもらってますv-238

    親子で熱狂的なトンペンですが、kozueさんのこのサイトがなかったらトンと一緒に歌うことはできませんでした。

    本当に感謝していますv-254

    最近は他の歌も聴くようになってきたのですが、是非是非・・・・

    2006 SUMMER SMTOWNの「太陽がいぱい」と2006 WINTER SMTOWNの「SNOW DREAM」の歌詞を載せていただけませんかv-236

    よろしくお願いしますv-237v-207

    by: みしりっこ * 2008/01/14 10:32 * URL [ 編集] | page top↑
    --あんにょんはせよ?--

    ジュンスは本当に綺麗な声していますね。
    この歌はジュンスにぴったりだと思います。
    歌詞もこんな内容だったんですね。
    きれいな風景の冬の夜を想像しましたv-484神秘的な感じですよね。v-354いつも有り難うございます。
    by: penne * 2008/01/14 16:07 * URL [ 編集] | page top↑
    ----

    Kozueさん、お久し振りです!

    東方神起の曲を、前に訳してくださったのに、

    コメントが出来なくて申し訳なかったです(>_<)

    今回は、Xiahの曲ですね♪

    嬉しいです^^

    訳、有難うございます★

    私は、学校も始まりました!

    出来るだけ、また遊びに来ますね。
    by: 樹鈴 * 2008/01/14 16:56 * URL [ 編集] | page top↑
    --お返事です--

    sadayanさんへ

     いい曲ですよね。
    一生懸命心を込めて歌うところがすごく好きです。

    みしりっこさんへ

     初めまして

    ご訪問&コメントありがとうございます。
    このブログで歌ってくださってるのですねぇ。
    うれしいです。お役に立てて。
    リクエスト受け付けました。
    少々お待ちくださいね~。

    penneさんへ
     
     いい表現ですね♪
    詩的な歌詞は訳すのが難しいですけど好きです。


    樹鈴さんへ

     いつでも時間がある時に遊びに来てくださいね。
    勉強と学校生活の方が大事ですよっ!
    by: kozue * 2008/01/15 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
    ----

    とてもいい歌ですねe-265
    by: * 2008/10/16 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
    --名無しさんへ--

    いい歌ですよね~。
    大好きな曲です
    by: kozue * 2008/10/16 23:28 * URL [ 編集] | page top↑
    --天使の声~~--

    初めまして~私は韓国人です~本当にジュンちゃんの声は天使の声みたいです~~いつも感動ですね。。。
    by: イルカ * 2009/05/21 23:29 * URL [ 編集] | page top↑
    --イルカさんへ--

    初めましてご訪問ありがとうございます。
    この曲は特に感動しました。
    本当に天使の歌声ですね~
    by: kozue * 2009/05/23 06:50 * URL [ 編集] | page top↑
    --鍵コメさんへ--

    初めまして ご訪問ありがとうございます。

    ごめんなさい・・
    記事(訳詞)の転載はご遠慮ください。
    リンクでしたらどうぞ~
    by: kozue * 2009/06/04 23:55 * URL [ 編集] | page top↑
    --鍵コメさんへ--

    素敵な曲ですよね~。
    ジュンスの歌声にもしびれます♪
    by: kozue * 2009/06/24 06:16 * URL [ 編集] | page top↑
    --初めまして♪--

    あんにょんはせよ!
    最近kozueさんのサイトを発見して、
    それからというもの韓国語で東方神起を覚えたいときはいつも来させてもらってます♪
    私はオッパが韓国人なので、韓国語を勉強中なんですが、
    kozueさんのサイトはすごく勉強になります~!
    ジュンスの歌声は聞いてるだけでも涙が出そうになりますね。表情とかも大好きです!
    by: erihoon * 2009/07/15 20:02 * URL [ 編集] | page top↑
    --erihoonさんへ--

    初めまして ご訪問ありがとうございます。

    ジュンスの声は人を感動させますよね
    全身全霊で歌う姿・表情も素敵です^^
    by: kozue * 2009/07/16 07:07 * URL [ 編集] | page top↑
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://kozu127.blog99.fc2.com/tb.php/304-0a73adab
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |