Colorful /SHINee  
    2013 / 10 / 20 ( Sun )
    Colorful /SHINee  「The 5th Mini Album `Everybody`」2013.10.14  

    作詞 전간디 作曲 Stephan Elfgren , Anders Wigelius
    編曲 Stephan Elfgren , Anders Wigelius



    Oh うぇ ぴょじょんい あん じょあ はぬり のらっけ びょね
    Oh 왜 표정이 안 좋아 하늘이 노랗게 변해
    Oh どうして表情が良くないの 空が黄色く変わる

    たし なる ぼご うそじゅみょん(せさんうん だし ぱらっけ ぼんじょ)
    다시 날 보고 웃어주면 (세상은 다시 파랗게 번져)
    また僕を見て笑ってくれれば(世界はまた青く染まる)

    おでぃそ ちょっせっぎょんぼ うりょ っこんっちゃっ まるご そそ ぬんちる さるぴょ
    어디서 적색경보 울려 꼼짝 말고 서서 눈칠 살펴
    どこで赤い警報が鳴ってるの じっと立ったまま 顔色を伺う

    くろな みんとぅびっ に みそえ(せさんうん むるどぅろが)
    그러다 민트빛 네 미소에 (세상은 물들어가)
    だけどミント色の君の微笑みに(世界は染まっていく)

    ぬに まじゅちん(まじゅちん)すんがん(く すんがん)
    *눈이 마주친 (마주친) 순간 (그 순간)
    目が合った瞬間(その瞬間)

    なえ(ひせっ びっ)しんじゃんうん だしってぃご(ぶるけ ってぃご)
    나의 (회색 빛) 심장은 다시 뛰고 (붉게 뛰고)
    僕のグレーの心臓はまた弾んで(赤く弾み)

    に(に ぬん そっ)ぬん そっ(おどぅっとん)ねが びちゅる ちゃじゃが
    네 (네 눈 속) 눈 속 (어둡던) 내가 빛을 찾아가
    君(君の目の中)目の中(暗かった)僕が光を探しに行く

    ねが ちゃる もっ ぽん ごるっか のえ そに たぬん すんがん ね じゅびょん もどぅん ごし むろどぅろ
    **내가 잘 못 본 걸까 너의 손이 닿는 순간 내 주변 모든 것이 물들어
    僕が見間違えたのかな 君の手が届く瞬間 ぼくの周辺すべてが染まる

    はやっけ ちゃがっけまん おるどん せさんえ ね ぬに もろがどん く すんがん
    하얗게 차갑게만 얼던 세상에 내 눈이 멀어가던 그 순간
    白く 冷たいばかりの 凍った世界が 僕の目が遠ざかっていたその瞬間

    You make my life colorful

    ***I think you're magical (Hey) I think you're wonderful (Yeah)

    のろ いね ね まむん  Colorful
    너로 인해 내 맘은 Colorful
    君のおかげで 僕の心は  Colorful

    っかまっけ おどぅっきまん はどん せさんえ ね ぬぬる かむりょどん く すんがん
    까맣게 어둡기만 하던 세상에 내 눈을 감으려던 그 순간
    真っ黒で 暗かっただけの世界に 僕の目を閉じようとしていたその瞬間

    You make my life colorful

    I can see your spectrum

    Kick drum ぼだ くんくんでぬん しんじゃんに ねげ みっくろん たどぅっ か
    Kick drum 보다 쿵쿵대는 심장이 네게 미끄럼 타듯 가
    Kick drum より ドンドンと鳴る心臓が 君に滑り台を滑るように行く

    Be my favorite color pink Give me your wink

    ねげ のらん せぐる とっちゃ
    내게 너란 색을 덮자
    僕に黄色をかぶせよう

    ちょ むじてぃ うぃ むじげるる とぽ のうる じん ばだ うぃ せぐる いぴょ
    저 무지티 위 무지개를 덮어 노을 진 바다 위 색을 입혀
    あの無地のTシャツに虹をかけて 夕日が沈む海の上に色を重ねて

    にが たむん ぷんぎょんうん むおっぼだ ったすへ ちぐん のる ぬっきご おん ばらむる まじゅへ
    네가 담은 풍경은 무엇보다 따스해 지금 널 느끼고 온 바람을 마주해
    君がおさめた風景は何より温かい 今君を感じ すべての風に向き合う

    ぬに まじゅちん(まじゅちん)すんがん(く すんがん)
    *눈이 마주친 (마주친) 순간 (그 순간)
    目が合った瞬間(その瞬間)

    なえ(へせっ びっ)しんじゃんうん だしってぃご(ぶるけ ってぃご)
    나의 (회색 빛) 심장은 다시 뛰고 (붉게 뛰고)
    僕のグレーの心臓はまた弾んで(赤く弾み)

    に(に ぬん そっ)ぬん そっ(おどぅっとん)ねが びちゅる ちゃじゃが
    네 (네 눈 속) 눈 속 (어둡던) 내가 빛을 찾아가
    君(君の目の中)目の中(暗かった)僕が光を探しに行く

    ねが ちゃる もっ ぽん ごるっか のえ そに たぬん すんがん ね じゅびょん もどぅん ごし むろどぅろ
    **내가 잘 못 본 걸까 너의 손이 닿는 순간 내 주변 모든 것이 물들어
    僕が見間違えたのかな 君の手が届く瞬間 ぼくの周辺すべてが染まる

    はやっけ ちゃがっけまん おるどん せさんえ ね ぬに もろがどん く すんがん
    하얗게 차갑게만 얼던 세상에 내 눈이 멀어가던 그 순간
    白く 冷たいばかりの 凍った世界に 僕の目が遠ざかっていたその瞬間

    ***I think you're magical (Hey) I think you're wonderful (Yeah)

    のろ いね ね まむん  Colorful
    너로 인해 내 맘은 Colorful
    君のおかげで 僕の心は  Colorful

    っかまっけ おどぅっきまん はどん せさんえ ね ぬぬる かむりょどん く すんがん
    까맣게 어둡기만 하던 세상에 내 눈을 감으려던 그 순간
    真っ黒で 暗かっただけの世界に 僕の目を閉じようとしていたその瞬間

    You make my life colorful

    ねが ちゃる もっ ぽん ごるっか のえ そぬる ちゃぶん すんがん ね せさん もどぅん ごし むるどぅろ
    내가 잘 못 본 걸까 너의 손을 잡은 순간 내 세상 모든 것이 물들어
    僕が見間違えたのだろうか 君の手をとった瞬間 僕の世界 すべてが染まる

    いろっけ ちょろっひゃんぎ じとぅん せさんえ とぅ そぬる まじゅ ちゃぶん い すんがん
    이렇게 초록향기 짙은 세상에 두 손을 마주 잡은 이 순간
    こうして緑の香りが濃い世界に両手を合わせてつかんだこの瞬間

    ねが ちゃる もっ ぽん ごるっか のえ そに たぬん すんがん ね じゅびょん もどぅん ごし むろどぅろ
    **내가 잘 못 본 걸까 너의 손이 닿는 순간 내 주변 모든 것이 물들어
    僕が見間違えたのかな 君の手が届く瞬間 ぼくの周辺すべてが染まる

    はやっけ ちゃがっけまん おるどん せさんえ ね ぬに もろがどん く すんがん
    하얗게 차갑게만 얼던 세상에 내 눈이 멀어가던 그 순간
    白く 冷たいばかりの 凍った世界に 僕の目が遠ざかっていたその瞬間

    ***I think you're magical (Hey) I think you're wonderful (Yeah)

    のろ いね ね まむん  Colorful
    너로 인해 내 맘은 Colorful
    君のおかげで 僕の心は  Colorful

    っかまっけ おどぅっきまん はどん せさんえ ね ぬぬる かむりょどん く すんがん
    까맣게 어둡기만 하던 세상에 내 눈을 감으려던 그 순간
    真っ黒で 暗かっただけの世界に 僕の目を閉じようとしていたその瞬間

    You make my life colorful

    Make my life colorful



    SHINee プロフィール


    関連記事

    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    22 : 08 : 00 | SHINee | コメント(2) | page top↑
    <<陽射しが良い日/キム・ジェジュン | ホーム | 閉めてよ(Close the Door)/SHINee >>
    コメント
    ----

    この曲を聞いていると、心がカラフルになります。
    by: たま * 2013/10/30 22:37 * URL [ 編集] | page top↑
    --承認待ちコメント--

    このコメントは管理者の承認待ちです
    by: * 2014/10/21 12:46 * [ 編集] | page top↑
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |