Humanoids/東方神起
    2012 / 11 / 29 ( Thu )
    Humanoids/동방신기(東方神起) 6集repackage「Humanoids」2012.11.26

    作詞  이경남 , 이솔비 作曲Kenzie
    編曲 Thomas Troelsen , Donald `haZEL` Sales


    It’s Time. It’s Time. It’s Time. Here we go.

    うりる っけうぬん ごるっか Come On. TVXQ.
    우릴 깨우는 걸까. Come On. TVXQ.
    僕らを目覚めさせるのか Come On. TVXQ

    Here we go, babyたぶん ばっくぃぬん ごるっか. Come On. TVXQ.
    Here we go, baby답은 바뀌는 걸까. Come On. TVXQ.
    Here we go, baby 答えは変わるのだろうか . Come On. TVXQ.

    ておな ちょうん ぬん っとぅる って びち いっこ ねが ちょんじぇへ
    태어나 처음 눈 뜰 때, 빛이 있고 내가 존재해
    生まれて始めて目を開ける時 光があり僕が存在する

    ね そね っくぁっ じゅぃん しがぬん tick tock
    내 손에 꽉 쥔 시간은 tick tock,
    僕の手に ぎゅっと握られた時間は tick tock

    ちぐんぶとん もんちゅじ あんぬんだ
    지금부턴 멈추지 않는다
    今からは止まらない

    こじせ がちょっとん こんがん(がん)ちんしり おぷそっとん すんがん(がん)
    거짓에 갇혔던 공간(간!) 진실이 없었던 순간(간!)
    嘘に閉じ込められた空間 真実がなかった瞬間

    ちんもっ そげ びちゅる がるまん(はん)い せでぬん きだりょわっそ(お)のえ そんてぐろ
    침묵 속에 빛을 갈망(한) 이 세대는 기다려왔어(어!) (너의 선택으로)
    沈黙の中に光を渇望(した)この世代は待ってきた(君の選択で)

    Cause we are humanoids

    うりる っけうぬんが たぶん ばっくぃぬんが
    (우릴 깨우는가, 답은 바뀌는가)
    僕らを目覚めさせるのか 答えは変わるのか

    Yeah, we are humanoids

    ねが まんどぅろが なえ ごしにっか
    (내가 만들어가, 나의 것이니까!)
    僕が作って行く 僕のものだから

    てぃとぅりょじん こんがんどぅるる ちぐん ぶしょ
    뒤틀려진 공간들을 지금 부숴
    もつれた空間を今壊して

    It’s the future ぱぴょん うぃえ うりん humanoids
    It’s the future 파편 위에 우린 humanoids
    It’s the future 破片の上へ僕らは humanoids

    のわ まんどぅる ゆとぴあろ のんちょ
    너와 만들 유토피아로 넘쳐
    君と作るユートピアで溢れる

    It’s the future, みれる ばっくる うりん humanoids
    It’s the future, 미랠 바꿀 우린 humanoids
    It’s the future, 未来を変える僕らは humanoids

    くどぅるん いみ わんそんへっそっそ もどぅんごる かんちゅん く しなりお
    그들은 이미 완성했었어. 모든걸 감춘 그 시나리오
    彼らはもう完成していた すべてを隠したそのシナリオ

    せさんい ねげ とんじぬん ちるむん いでろ ちょんまる くぇんちゃぬんごんが
    세상이 내게 던지는 질문 이대로 정말 괜찮은건가?
    世界が僕に投げる質問 このまま本当に大丈夫なのか

    かみょぬん とんはじ あんぬん(ぬん)とぅりむる まらる す いんぬん(ぬん)
    가면은 통하지 않는(는) 틀림을 말할 수 있는(는)
    仮面は通じない 間違いを言える

    ねが すんちゃみょん すぃる す いんぬん(ぬん )Yeah
    내가 숨차면 쉴 수 있는(는) Yeah,
    Yeah 僕が息が切れたら休むことのできる Yeah

    ばろ うりが そんてかん(かん)くろん せさんうろ
    바로 우리가 선택한(한!) (그런 세상으로)
    まさに僕らが選択した(そんな世界へ)

    Cause we are humanoids

    うりる っけうぬんが たぶん ばっくぃぬんが
    (우릴 깨우는가, 답은 바뀌는가)
    僕らを目覚めさせるのか 答えは変わるのか

    Yeah, we are humanoids

    あぷろ がぬんが ておなっすむろ
    (앞으로 가는가 태어났으므로!)
    前へ進むのか 生まれたのだから!

    ちんしる おんぬん ひょんしるどぅるん ちぐん こちょ
    진실 없는 현실들은 지금 고쳐
    真実のない現実は今直して

    It’s the future てやん うぃえ うりん humanoids
    It’s the future 태양 위에 우린 humanoids
    It’s the future 太陽の上へ 僕らは humanoids

    みれる がりん くりんじゃぬん ちぐん じうぉ
    미랠 가린 그림자는 지금 지워
    未来を覆った影は今消し

    It’s the future, よっさるる っする うりん humanoids
    It’s the future, 역사를 쓸 우린 humanoids
    It’s the future, 歴史を書く 僕らは  humanoids

    てぃおんきょっそっとん ほんどん そげそ うりん たぶる ちゃじゃっそ
    뒤엉켰었던 혼돈 속에서 우린 답을 찾았어
    もつれた混沌の中で 僕らは答えを見つけた

    のえ そんてぎ まんどぅん い みれ いじぇ ならおらが
    너의 선택이 만든 이 미래 이제 날아올라가
    君の選択が作ったこの未来 今飛び上がろう

    (EVERYBODY MAKES SOME NOISE)

    Cause we are humanoids

    うりる っけうぬんが たぶん ばっくぃぬんが
    (우릴 깨우는가, 답은 바뀌는가)
    僕らを目覚めさせるのか 答えは変わるのか

    Yeah, we are humanoids

    ねが まんどぅろが なえ ごしにっか
    (내가 만들어가, 나의 것이니까!)
    僕が作って行く 僕のものだから

    てぃとぅりょじん こんがんどぅるる ちぐん ぶしょ
    뒤틀려진 공간들을 지금 부숴
    もつれた空間を今壊して

    It’s the future ぱぴょん うぃえ うりん humanoids
    It’s the future 파편 위에 우린 humanoids
    It’s the future 破片の上へ僕らは humanoids

    のわ まんどぅる ゆとぴあろ のんちょ
    너와 만들 유토피아로 넘쳐
    君と作るユートピアで溢れる

    It’s the future, みれる ばっくる うりん humanoids
    It’s the future, 미랠 바꿀 우린 humanoids
    It’s the future, 未来を変える僕らは humanoids






    東方神起 プロフィール

    関連記事

    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    00 : 00 : 00 | 東方神起 | コメント(3) | page top↑
    <<U/E7 | ホーム | カフェイン (Feat. ヨン・ジュニョンof Beast)/ヤン・ヨソプ>>
    コメント
    ----

    初めまして(^^♪
    いつも JYJの歌詞を見させてもらってますe-100

    空間はたしか コンガンでなく ゴンガンですよ(*^^)v間違ってたらすみませんe-443

    あと 多分永遠はヨンウォ二でもいいはずですが ヨンウォヒなはず(>_<)

    これも間違ってたらすみませんi-195長文すみませんでしたv-406ではこれからもJYJを参考にさせてもらいますv-344v-344
    by: ♡剛×翔love♡ * 2012/12/06 16:51 * URL [ 編集] | page top↑
    ----

    もしよければ、dream の訳してもらえませんか?
    by: iusu * 2012/12/13 22:21 * URL [ 編集] | page top↑
    --ユノくん--

    ユノくん、私も、ラストスパートかも。韓国語の歌詞覚えたりして。
    by: みさお * 2013/09/07 11:37 * URL [ 編集] | page top↑
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |