寒い(Feat.イ・ハイ)/Epik High
    2012 / 10 / 11 ( Thu )
    ちゅった
    춥다 (Feat. 이하이)/에픽하이(Epik High) 2012.10.09
    寒い

    作詞 미쓰라진 , 타블로
    作曲 타블로 , 최필강 編曲 최필강



    ぽみ わ っこちゅる ぴうご
    봄이 와 꽃을 피우고.
    春が来て 花を咲かせ

    よるみ わ きおぎ のが ねりょど
    여름이 와 기억이 녹아 내려도...
    夏が来て 記憶が溶け落ちても...

    なん うぉれ さげじょり おうりじ あな ちゃがうん あいじゃな
    난 원래 사계절이 어울리지 않아, 차가운 아이잖아.
    僕は元々四季が似合わない 冷たい子供じゃないか

    もじん そんぎょぐん さるん えぬん きょうる しりん ばらん あるまんくん あるじゃな
    모진 성격은 살을 에는 겨울. 시린 바람. 알만큼 알잖아.
    残忍な性格は身を切る冬、冷たい風 知るほど分かるじゃない

    ねげん ねんじょんい だいんごる きょうるばだ がとぅん しんじゃんいんごる
    내겐 냉정이 다인걸. 겨울바다 같은 심장인걸.
    僕には冷静がすべてなんだ 冬の海のような心臓なんだ

    べるる ってぃうぉ だがおみょん あるげっち ねが そみ あにん びんさんにんごる
    배를 띄워 다가오면 알겠지. 내가 섬이 아닌 빙산인걸.
    船を浮かべて近づけば分かるだろう 僕が島じゃなくて氷山であること

    な ちょじょむる いろっち そり っきん ぬん しりん きおぎ
    난 초점을 잃었지. 서리 낀 눈. 시린 기억이
    僕は焦点を失った 霜の混じった雪 冷たい記憶が

    ぱるぴょそ もっちょっ おぷし びみょんまん じろっち あぷん さんちょまん なむん びんぱにおっち
    밟혀서 목젖 없이 비명만 질렀지. 아픈 상처만 남은 빙판이었지.
    踏まれて 悲鳴ばかり 叫んだだろう 痛む傷ばかり残った凍りついた地面だっただろう

    ぬんさて なん どぅっ むのじん まん ちゅすりょ ぼに だし ぶる っこじん ばん
    눈사태 난 듯 무너진 맘. 추스려 보니 다시 불 꺼진 밤.
    雪崩が起きたように崩れた心 心を落ち着かせてみると また明かりの消えた夜

    のらん へが っとど ぬん とぴん さぬん のっち あな
    너란 해가 떠도 눈 덮인 산은 녹지 않아.
    黄色い太陽が昇っても 雪が覆った山は溶けない

    よぎん ちゅった じゅもにえ そぬる すんぎょばど
    여긴 춥다. 주머니에 손을 숨겨봐도
    ここは寒い ポケットに手を隠してみても

    のむ ちゅった そぬる もあ いっきん ぶろばど
    너무 춥다. 손을 모아 입김 불어봐도
    とても寒い 手を合わせて息を吹いてみても

    まうみ おろぶとそ じゃっく いっすり とぅんだ
    마음이 얼어붙어서 자꾸 입술이 튼다.
    心が凍りついて 何度も唇が切れる

    なまん ちゅった いぶろ ね もむる かんっさばど
    나만 춥다. 이불로 내 몸을 감싸봐도
    僕だけが寒い 布団で身体を包み込んでも

    のむ ちゅった ぬぐんがえ ぷめ あんぎょばど
    너무 춥다. 누군가의 품에 안겨봐도
    とても寒い 誰かの胸に抱かれてみても

    かすみ くもん なそ まがぼりょ へど じゃっく ばらみ せんだ
    가슴이 구멍 나서 막아보려 해도 자꾸 바람이 샌다.
    胸に穴ができて塞ごうとしてみても 何度も風が漏れる

    ぼむん それみょ ちゃじゃおじまん なん がうれ っくっちゃらげ そ
    봄은 설레며 찾아오지만 난 가을의 끝자락에 서.
    春はときめきながら訪れるけど 僕は秋の端っこに立ち

    きょうれ もんちゅん きおっ ったすはむん がどぅぉっそ まるん まうめ とぅん さる あねそ
    겨울에 멈춘 기억. 따스함은 가뒀어. 마른 마음의 튼 살 안에서.
    冬に止まった記憶 暖かさは閉じ込めた 乾いた心の裂けた肉の中で

    おろぶとぅん がんむれ かちん ちゅおっ ぶっちゃっこ ね そぬる のっち あな
    얼어붙은 강물에 갇힌 추억. 붙잡고 내 손을 놓지 않아.
    凍りついた川の水に閉じ込められた思い出 つかまえて僕の手を離さない

    ちゃがうぉっとん いびょるる あん でぃぶと っこっ ぴどん く ぼむん おじ あな
    차가웠던 이별을 안 뒤부터 꽃 피던 그 봄은 오지 않아.
    冷たかった別れを知った後から花咲いたあの春は訪れない

    ぼっこち ねげん ぬんそんいちょろん ぴじゃな よぎん ちゅった
    벚꽃이 내겐 눈송이처럼 피잖아. 여긴 춥다.
    桜が 僕には雪の欠片のように咲くじゃないか ここは寒い

    へっさるど ねげん ぬんぼらちょろん ちじゃな なまん ちゅった
    햇살도 내겐 눈보라처럼 치잖아. 나만 춥다.
    陽射しも 僕には吹雪のように 吹くじゃないか 僕だけが寒い

    こんどぅりみょん た おりじゃな のえ そぬる じゃぶるっか こび なんだ
    건드리면 다 얼리잖아. 너의 손을 잡을까 겁이 난다.
    触れたらみな凍るじゃない 君の手を取ろうか 怖くなる

    にが なわ かっかうぉじみょん のえ しんじゃんど もんさる ごりるっかば
    네가 나와 가까워지면 너의 심장도 몸살 걸릴까봐.
    君が僕と近づいたら 君の心臓も風邪引くんじゃないかと思って

    よぎん ちゅった じゅもにえ そぬる すんぎょばど
    여긴 춥다. 주머니에 손을 숨겨봐도
    ここは寒い ポケットに手を隠してみても

    のむ ちゅった そぬる もあ いっきん ぶろばど
    너무 춥다. 손을 모아 입김 불어봐도
    とても寒い 手を合わせて息を吹いてみても

    まうみ おろぶとそ じゃっく いっすり とぅんだ
    마음이 얼어붙어서 자꾸 입술이 튼다.
    心が凍りついて 何度も唇が切れる

    なまん ちゅった いぶろ ね もむる かんっさばど
    나만 춥다. 이불로 내 몸을 감싸봐도
    僕だけが寒い 布団で身体を包み込んでも

    のむ ちゅった ぬぐんがえ ぷめ あんぎょばど
    너무 춥다. 누군가의 품에 안겨봐도
    とても寒い 誰かの胸に抱かれてみても

    かすみ くもん なそ まがぼりょ へど じゃっく ばらみ せんだ
    가슴이 구멍 나서 막아보려 해도 자꾸 바람이 샌다.
    胸に穴ができて塞ごうとしてみても 何度も風が漏れる

    I'm cold as ice. I'm cold as ice. I'm cold as ice. So cold.

    ぽみ わ っこちゅる ぴうご
    봄이 와 꽃을 피우고.
    春が来て 花を咲かせ

    よるみ わ きおぎ のが ねりょど よぎん
    여름이 와 기억이 녹아 내려도 여긴...
    夏が来て 記憶が溶け落ちても ここは...

    よぎん ちゅった のむ ちゅった
    여긴 춥다. 너무 춥다.
    ここは寒い とても寒い

    まうみ おろぶとそ じゃっく いっすり とぅんだ
    마음이 얼어붙어서 자꾸 입술이 튼다.
    心が凍りついて 何度も唇が切れる

    なまん ちゅった のむ ちゅった
    나만 춥다. 너무 춥다.
    僕だけが寒い とても寒い

    かすみ くもん なそ まがぼりょ へど じゃっく ばらみ せんだ
    가슴이 구멍 나서 막아보려 해도 자꾸 바람이 샌다.
    胸に穴ができて塞ごうとしてみても 何度も風が漏れる






    Epik High プロフィール


    이하이(イ・ハイ) プロフィール 



    1996年生 
    所属事務所 YGエンターテイメント

    受賞歴
    2012年 SBS サバイバルオーディション K-POP STAR 準優勝



    関連記事

    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    00 : 00 : 00 | Epik High | コメント(0) | page top↑
    <<GET OUT/AOA | ホーム | 幻想彼女/INFINITE シットコム「母さんが何だって」OST >>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |