OASIS/Pia,Zico ドラマ「ゴールデンタイム」OST
    2012 / 09 / 27 ( Thu )
    オアシス
    오아시스/피아, 지코(Zico) 
       ドラマ「골든타임(ゴールデンタイム)」 OST Part 9 2012.09.17

    作詞 서해원,지코(Zico), Zeenan 作曲 오승은 編曲 오승은



    にがぴりょへ さらんいぴりょへ
    니가필요해 사랑이필요해,
    君が必要だ 愛が必要だ

    なん するぷんなったや めまるん ったんうぃるる こんぬん
    난 슬픈낙타야,메마른 땅위를 걷는
    僕は悲しいラクダだ 干からびた地面の上を歩く

    おどぅみがご っと あちみわど なん ころがぬんごる
    어둠이가고,또 아침이와도, 난 걸어가는걸,
    暗闇が過ぎ また朝が来ても 僕は歩いていくんだ

    のらぬん さらんえ くぎるる
    너라는 사랑에 그길을..
    君という愛へ その道を

    っくち おんぬんぎる あれ どぅ げえ くりんじゃ 
    끝이 없는길 아래 두 개의 그림자
    終わりがないんだ 下に二つの影

    おどぅむる まったっとぅりん さい ふんじょごぷし さらじんだ
    어둠을 맞딱드린 사이 흔적없이 사라진다.
    暗闇に突き当たった間 跡形もなく消えていく

    ぱらっとん なぐぉぬん さまぎ でぼりょっこ 
    파랗던 낙원은 사막이 되버렸고
    青かった楽園は砂漠になってしまい

    ぬんむろ かるじゅん へぎょれど I LOVE YOU-NO-ONE-BUT......
    눈물로 갈증 해결해도 I LOVE YOU-NO-ONE-BUT......
    涙で乾きを解決しても I LOVE YOU-NO-ONE-BUT......

    のる さらんはぬんで のまん ばらぼぬんで
    널 사랑하는데,너만 바라보는데,
    君を愛してるのに 君だけを見つめるのに

    うぇ ねまんもるに うぇ もるんちょかに
    왜 내맘모르니,왜 모른척하니,
    どうして 僕の気持ちを分からないの 知らないふりをするの

    たぬん なえがすみ たぬん なえしんじゃんい 
    타는 나의가슴이,타는 나의심장이,
    燃える僕の胸が 燃える僕の心臓が

    なる もんまるげへ さらんえ でよそ あぱ
    날 목마르게해,사랑에 데여서 아파..
    僕の喉を乾くようにする 愛に火傷して痛い

    ちぇばる ねぬなぷる っとなじま むちゃみ なる ぼりょどぅじぬん ま
    제발 내눈앞을 떠나지마, 무참히 날 버려두지는 마
    どうか僕の目の前を去らないで 無理に僕を捨てておかないで

    save me, won't you take me

    ちぐん ねげろ わじょ あぷん なる くうぉねじょ ちぇばる
    지금 내게로 와줘 아픈 날 구원해줘 제발
    今僕のところへ来てよ 苦しむ僕を助けてよ どうか

    hold me, you are my destiny

    きじょっかとぅん のまに きじょっちょろん なる だし さるげ へ
    기적같은 너만이 기적처럼 날 다시 살게 해
    奇跡のような君だけが 奇跡のように 僕をまた生かせる

    ねが じゃめ どぅるご たし いろなる す いんぬん いゆ
    내가 잠에 들고 다시 일어날 수 있는 이유,
    僕が眠りにつき また起きられる理由

    くんで あじっかじ ちゃっち もってっそ いゆ
    근데 아직까지 찾지 못했어 이유
    だけど今まで見つけられなかった 理由

    ちんぐのみ に ほんだむる へ じが だ ほるかぶなで
    친구놈이 니 험담을 해, 지가 다 홀가분하데
    友達が君の悪口を言って 友達がすべてすっきりしたって

    ねん ね たしらへ はんって のはんて ちゃるもたんげ
    난 내 탓이라해,한때 너한테 잘못한게
    僕は 僕のせいだっていう ある時 君に悪いことしたのが

    さらんえ ではん がさぬん ちゃる っすみょんそ
    사랑에 대한 가사는 잘 쓰면서
    愛についての歌詞は 上手に書きながら

    ちょんじゃっ ねげん なんまにな っとりんじょちゃ もっ ちょっそ
    정작 네겐 낭만이나 떨림조차 못 줬어
    いざ 君はロマンチックなことやときめきをあげられなかった 

    It's my fault, しんじゃん はなろん ちょるて いるじ もて
    It's my fault,심장 하나론 절대 이루지 못해
    It's my fault, 心臓一つでは絶対叶わない

    さらん うりん はなよそ はなるる っぺみょん
    사랑 우린 하나여서 하나를 빼면
    愛 僕らは一つだから 一つなければ

    はなど あんなま
    하나도 안남아
    一つも残らない

    さるご しぷんで さらんはご しぷんで うぇ ちゅっけまんどぅに うぇ あぷげはに
    살고 싶은데,사랑하고 싶은데,왜 죽게만드니,왜 아프게하니
    生きたいのに 愛したいのに どうして死なせるの? どうして苦しめるの?

    っちっきん なえがすみ っちっきん なえしんじゃんい たどぅろがぬんで なる さるげはるさらん のんで
    찢긴 나의가슴이,찢긴 나의심장이,타들어가는데,날 살게할사람 넌데..
    引き裂かれた僕の胸が 引き裂かれた僕の心臓が燃えていくのに 僕を生かせるのは君なのに

    まち たがそみょん おんぬんどぅし ちぇばる なるる ぼりょどぅじぬん ま
    마치 다가서면 없는듯이,제발 나를 버려두지는 마
    まるで近寄ればいないように どうか 僕を捨てておかないで

    save me, won't you take me

    ちぐん ねげろ わじょ あぷん なる くうぉねじょ ちぇばる
    지금 내게로 와줘 아픈 날 구원해줘 제발
    今僕のところへ来てよ 苦しむ僕を助けてよ どうか

    hold me, you are my destiny

    きじょっかとぅん のまに きじょっちょろん なる だし さるげ へ
    기적같은 너만이 기적처럼 날 다시 살게 해
    奇跡のような君だけが 奇跡のように 僕をまた生かせる

    さんさんじょちゃど はるすおぷそ にが おんぬん なぬん すんすぃげはご ねがすん てぃげ まんどぅぬん
    상상조차도 할수없어 니가 없는 나는 숨쉬게하고,내가슴 뛰게 만드는
    想像さえもできない 君がいない僕は息をさせ 僕の胸を弾ませるのは

    くろんさらむん おじっ のにっか
    그런사람은 오직 너니까..
    そんな人は ただ君だから

    すんすぃぬん ぼっと いじょもぐん ちぇろ さらが
    숨쉬는 법도 잊어먹은 채로 살아가
    息をする方法さえも忘れてしまったまま生きていく

    ねが いぶん さんちょぼだど あぷげ ぼるばんなば
    내가 입은 상처보다도 아프게 벌받나봐
    僕が受けた傷よりも 苦しく罰を受けるみたいだ

    save me, won't you take me

    ちぐん ねげろ わじょ あぷん なる くうぉねじょ ちぇばる
    지금 내게로 와줘 아픈 날 구원해줘 제발
    今僕のところへ来てよ 苦しむ僕を助けてよ どうか

    hold me, you are my destiny

    きじょっかとぅん のまに きじょっちょろん なる だし さるげ へ
    기적같은 너만이 기적처럼 날 다시 살게 해
    奇跡のような君だけが 奇跡のように 僕をまた生かせる

    ちゅごぼりん なる さる す いっけ へじょ ひまんい いんぬんじまん ある す いっけ へじょ
    죽어버린 날 살 수 있게 해줘 희망이 있는지만 알 수 있게 해줘
    死んでしまった僕を生かせるようにしてよ 希望があるのかだけを分かるようにしてよ

    ねぎょてそ ぴょなに ちゃる す いっけ へじょ ちんしみ たうる す いっけ へじょ
    네곁에서 편안히 잘 수 있게 해줘 진심이 닿을 수 있게 해줘
    君のそばで楽に眠れるようにしてよ 本心が届くようにしてよ

    ちゅごぼりん なる さる す いっけ へじょ ひまんい いんぬんじまん ある す いっけ へじょ
    죽어버린 날 살 수 있게 해줘 희망이 있는지만 알 수 있게 해줘
    死んでしまった僕を生かせるようにしてよ 希望があるのかだけを分かるようにしてよ

    ねぎょてそ ぴょなに ちゃる す いっけ へじょ ちんしみ たうる す いっけ へじょ
    네곁에서 편안히 잘 수 있게 해줘 진심이 닿을 수 있게 해줘
    君のそばで楽に眠れるようにしてよ 本心が届くようにしてよ

    ねげろ わ ねげろ わ
    (내게로 와∼ 내게로 와)
    僕のところに来て 僕のところに来て

    にがぴりょへ さらんいぴりょへ なん するぷんなったや めまるん ったんうぃるる こんぬん
    니가필요해 사랑이필요해, 난 슬픈낙타야, 메마른 땅위를 걷는
    君が必要なんだ 愛が必要だ 僕は悲しいラクダ 干からびた地面の上を歩く







    MBCドラマ『ゴールデンタイム』



    初回放送:2012年7月9日
    放送時間:月・火、午後9時55分
    演出:クォン・ソクチャン
    脚本:チェ・フィラ
    登場人物:イ・ソンギュン、ファン・ジョングン、イ・ソンミン、ソン・ソンミ、キム・サグォン、キム・ギバン、チョン・ギュス、チョ ン・ソギョン、ソン・ユハ、チャン・ヨン、ソヌ・ヨンヨ、イ・ギヨン、チョ・サンギ、ホ・テヒ、チ・イルジュ、キム・ヒョンイル、シ ン・ドンミ、パク・ヨンジ、パク・チョンミン、キム・ミギョン)

    ■イ・ミヌ役(イ・ソンギュン)
    冴えないが可愛いインターン。「私はなぜ医者になったのか?」医大を卒業してすぐに専門医にならないで、ブラブラしながら韓国最高の 韓方医院で2年目臨床講師として勤務中! 韓方医師はCTや洋薬の処方をすることができないので、名義を貸す代価として余裕満々に気楽に2年間を過ごした。しかしある事件を契機に…2年間、心の中 に度々浮上した疑問から目をそらしてのんびり過ごした代価を支払うことになりながら、ミヌは質問を投げかける。私はなぜ医者になった のか? それでまだ締め切られていない病院に、インターンとして志願し再びスタートしようとする。

    ■カン・ジェイン役(ファン・ジョンウム)
    インターンorアンダーカバーの相続女。「よりによってどうして私が?」医大と5つの病院を持つセジュン財団の相続女。なぜ医者に なったのかって? 身近な職業なので選択し、いつまでもお小遣をもらって生きるわけにいかないし、結婚するとしても夫が変心すれば稼いできた金で暮せないかもしれないから。 他の人々のように平凡な幸福を味わって生きたいだけだ。システムの中で仕事をしたい。頭を悩ませてシステムを稼働させる気持ちは毛頭 ない。

    ■チェ・イニョク役(イ・ソンミン)
    外傷外科のアイコン。「なぜ私は重症の外傷を担当するのか?」韓国で重症の外傷患者に手術を施せる何人もいない医師。胆嚢を専攻した が席が空かずに外傷を始めて8年。3~4日間も徹夜で手術して、全身が裂けそうになって病院を出ても、救急コールで引き返しまた手術 をしてしまう人物。誰かが1~2キロ太っても気がつく抜け目なさと、本意ではないが他の科と衝突しながらその科の属性を貫き、イン ターンの特性に合った科を推薦したりもする。

    ■シン・ウナ役(ソン・ソンミ)
    チェ・イニョクの秘書でありマネジャー。彼女がいなければ外傷チームは回らないほどで、チェ・イニョクの病院内外を含むすべてのスケ ジュールを管理して、手術室の患者までも動かす。救急室に8年勤務した。チェ・イニョクと一緒に仕事をして2年経った。結婚を約束し た人がいて、カナダに発つ日が近づく。しかし異国での新しい生活より、外傷センターがさらに心配な女。

    ■■ 企画意図 ■■
    このドラマは勇気に関する物語だ。勇気とは恐れないことではなく、他の何かを恐れるよりさらに重要だと判断するだけのことだ。師がい ない経験の浅いインターンが救急室の夜間当直で、ショックで動揺する患者を前に頭の中が真っ白になりながら、患者が死ぬかもしれない という恐れに背筋が凍り付いても、自らを信じること! 恐れを克服することはできなくても、他のさらに重要なことに変える! 自分が正しいと信じるもののためには、どんな代価も払うことができる! 目の前で死んでいく患者を救うためには、タマゴで岩を打つ戦争も拒まない! 胸に抱いた辞表は未練なく投げつけることはできても、結局その患者を助けるしかない!
     
     作品概要 innolifeさんより  




    Zico(BlockB)  プロフィール

    피아 (Pia) プロフィール   

    pia.jpg

    1998年グループ結成  2001年デビュー

    公式サイト http://www.bandpia.com/

    옥요한(보컬), 헐랭(기타), 기범(베이스), 심지(F.X), 혜승(Drum & Cut)
    関連記事

    テーマ:K-POP - ジャンル:音楽

    00 : 00 : 00 | 韓国ドラマOST | コメント(0) | page top↑
    <<こんな時は(Feat.LYN)/Mighty Mouth  | ホーム | 君が休みの日/BEAST>>
    コメント
    コメントの投稿














    管理者にだけ表示を許可する

    | ホーム |